HOMEカラダ辞典 > マイクロクラスター


カラダ辞典


マイクロクラスター
 パトリック・フラナガン博士は、100歳以上の人たちが健康な暮らしをしている奥ヒマラヤの長寿村・フンザの水を研究。 ”フンザの水”の中のコロイド状ミネラルは、これまで知られていなかった特殊なタイプの”シリカ(珪素)”であることを突き止めるとともに、ナノテクノロジーを応用し、ほぼ10年の歳月をかけて、高いマイナス電荷を持つ直径5nmのコロイド粒子を作り出すことに成功。”フンザの水”の再現に成功し、マイクロクラスターを開発しました。
マイクロクラスター開発者 パトリック・フラナガン博士 プロフィール
・1944年 アメリカ合衆国オクラホマ州で生まれる
・1955年 11歳「誘導ミサイル探知機」開発
・1958年 14歳「ニューロフォン」開発
・1962年 17歳雑誌「ライフ」で最も潜在能力のある科学者10人に選定される
・1983年 フンザの水の再現「クリスタルエナジー」を開発
・1994年 マイクロクラスターテクノロジーでノーベル賞ノミネート
・1997年 水素を含有した241番目のシリカ「マイクロクラスター」開発

他、300以上の特許を持っています。


健康美容コラムサビないカラダ研究所カラダ辞典