HOMEカラダ辞典 > 抗酸化物質


カラダ辞典


抗酸化物質
活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のこと。活性酸素は適量であれば人体に有用な働きをするが、過剰に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こす。
抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、ポリフェノールやカロテノイド、ビタミン等がある。

<抗酸化物質の代表的な例>
  ビタミンC
  ビタミンE
  ポリフェノール
  カテキン
  セサミン
  αリポ酸
  コエンザイムQ10
  水素
       など


健康美容コラムサビないカラダ研究所カラダ辞典