HOMEカラダ辞典 > 抗酸化ビタミン


カラダ辞典


抗酸化ビタミン
活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミンのことを指す。活性酸素は動脈硬化を起こしやすくする過酸化脂質を作り出したり、がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こす。
人間の身体は本来、酵素によって活性酸素を抑える働きが備わっているが、年齢を重ねるとともに体内で作られる酵素の量は減少していく。抗酸化ビタミンは、酵素によって処理しきれない活性酸素の働きを抑える抗酸化物質のひとつとして注目されている。


健康美容コラムサビないカラダ研究所カラダ辞典